キッチンで活躍【室内で栽培したい】おすすめハーブ

キッチンで活躍【室内で栽培したい】おすすめハーブ

狭くて安い賃貸マンション(もしくはアパートや団地)に住む予定だけど、大好きなハーブくらいは室内で育てたい!

いざ 住む家が決まったときに買いたい、栽培しやすい「ハーブの種や苗」をこのブログにまとめておくことにしました(^^)

シンプルな料理でもハーブを使うだけで美味しくなるし、室内で栽培すればインテリアとしても楽しめますよね☆

狭い部屋でも絶対に買いたいと意気込んでいます。

まだ、これから引っ越す家が決まっていないのですが、新生活が始まったら直ぐにハーブが買えるようにリストにしたぞー!

 

バジル (スイートバジル)

バジル

私が実際に屋内でプランターで育てたことのあるバジルは、間違いなく初心者向け

とても簡単に栽培できると思います(^^)

昨年の秋くらいに、スーパーでS&Bの(土と根っこ付きの)ポットに入ったスイートバジルが200円くらいで売られていたので買ってみました。

本来は苗として売られているものではないけど、それを家にあった植木鉢に植え替えたところ、2月の今でも完全には枯れてはいません。

ベランダではなく、日の当たる暖かい室内で栽培しています。

でも、だんだんツボミが生えてきてしまったので何度も摘み(摘芯し)ましたが、ついには殆どの葉が小さくて硬くザラザラになってしまったので、現在は食べることなく水だけあげて放置しています。

バジルのつぼみ

このまま花が咲いて種になってくれたら嬉しいな〜と思うのですが、一部の葉先が茶色くなってしまっているので難しいかもしれませんね。

いずれにしても、バジルの葉をかなり食べたので大満足です!トマトソース系のパスタや、簡単なピザトースト、トマトのサラダなど、大活躍です。

種から育てるのも難しくないようなので、新居が決まったら絶対に育てたいです☆

ローズマリー

ローズマリー

私の大好きなハーブのローズマリーですが、買うと結構高いですよね、、。

チキンや魚に添えてオーブンやフライパンで焼いただけで、オシャレな雰囲気の料理に早変わり!

簡単な料理でも一気に料理上手風に見せてくれる優れたハーブのローズマリーを栽培するのは、私の長年の憧れです。

インテリアとしての見た目も優れているし、栽培したいな〜(^^)

ローズマリーは、湿気が苦手なようなので、日当たりがよく、土が乾燥しやすい場所へ置くと良いみたいです。

でも、暑さにも寒さにも強いとのことで、比較的育てやすいのかな?

 

しかし、ローズマリーは種から栽培すると収穫までに時間がかかり、あまり簡単ではないようですね。

あと、挿し木もできるようです。ローズマリーってたまに野生で生えていることがあるのですが、気がついたことありますか?

私は神奈川県在住ですが、横浜市内で野生のローズマリーを見たことがあります。それを拝借して、、、挿し木って手もあるかも(笑)

いや、でも面倒なことは嫌いなので、すでに植え替えできる状態で生えているもののほうががいいな。

↓楽天の通販でよさそうだと思ったのがこれ。

ただ、送料込みじゃないのと、植木鉢(プランター)を自分で用意しないとダメですね。

 

おお!無印良品の通販(ネット限定)で、アクアポット(バレル鉢)と呼ばれる”底面給水タイプ”のローズマリーを発見!

上の楽天の物より高いけど、無印の物はそのまま屋内に置けるし、シンプルでオシャレ。これにしようかな。

ローズマリーの種類

無印の通販では、トスカナブルー、プロストラータス、モーツァルトの3種類のローズマリーが取り扱われています。

それぞれの種類の特徴を調べてみました。

立性(たちせい)

トスカナブルーは立性の品種で、枝が上に伸びます。

匍匐性(ほふくせい)

プロストラータスは匍匐性の品種、枝が横に伸びていきます。

半匍匐性(はんほふく)

モーツァルトは半匍匐性の品種で、上と横に伸びます。

なるほど。

どれも、それぞれ食用に適しているようなので、見た目の好みで選べばいいみたい。

なんとなく、垂れ下がっているタイプ(匍匐性)のものは好きじゃない気がするので、ピンとした 立性のローズマリーの購入に決定。引越し先が決まったら買おうっと。

 

パセリ

パセリ

パセリって子供のときは青臭くて嫌いでしたが、今はすっかり大好きになりました。

とくに、もうすぐ夫になる”たにゃ”がパスタを料理するのが抜群に上手くて、パセリを入れたペペロンチーノが、それはもう絶品なんです。(あぁ、想像しただけでヤバい、、。)

パセリ入りのボンゴレビアンコも最高ですね〜。

適当に作る野菜スープに刻んで入れたり、そのまま唐揚げなどに添えたり、便利なパセリもやっぱり栽培したい!!

日本で馴染みのあるパセリは、キッチンハーブとしても人気です。

でも、パセリを種から育てるのは時間がかかって、そこまで簡単ではないそう、、。ということで、苗を購入したほうが良さそうですね。

そういえば、私の母が昔ベランダでパセリを育てていましたが、アブラムシがついてしまっていた記憶があります。屋外で栽培するなら、蝶や蛾の幼虫にも注意したほうが良さそうです。

あと、パセリは水耕栽培(すいこうさいばい)も人気みたいですよ!

 

パクチー(コリアンダー)

パクチー(コリアンダー)

ベトナム旅行に行ってから、すっかり虜になってしまったパクチー!エスニックな料理にぴったりなハーブですよね。

ただ、思ったよりもパクチーって育てるのが簡単ではなさそうです。種からだと上手く発芽しなかったという人もいるみたいですね。

100均で買えるグッズで水耕栽培をするのが人気みたいですが、なんかちょっと面倒くさそう。

まだ決まらぬ引越し先の日当たりが良さそうだったら、頑張って種から育ててみたいな。

 

チャイブ

チャイブ

細くてオシャレなニラみたいな見た目のチャイブは、オムレツに入れたり、ポテトサラダにいれたり洋食の料理で活躍しそう!ネギっぽい味だから、味噌汁とかに入れてもいいのかな?

苗から育てたほうが簡単だとは思うけど、種から育てるのもそこまで難しくないそう。しかも、ちゃんと栽培できたら、切っても切っても収穫できるという優れもの。

チャイブを食べ続けるには、つぼみは摘み取ってしまったほうが良いですが、可愛い花なので そのまま咲かせたらインテリアとして活躍してくれそうです。

チャイブの花

 

ミント

ミント

雑草級の生命力のミントは、育てるのがとっても簡単と聞いたことがあるので興味があります。

もし栽培できたら、ミントティーを好きなだけ飲むことができるのが嬉しいですね。

あと、カクテルのモヒートを家で作っちゃうなんてオシャレなこともできちゃいます(^^)

モヒート

しかし、庭のある家に住む予定は全くないので、ミントを室内で栽培できるのかが気になります。

うーん、どうやら室内での栽培が不可能なわけではなさそうですが、風通しがあって、(直射日光をさけて)ある程度の日差しの良い場所が適しているようなので、ベランダで栽培したほうがよさそうです。

種から育てるよりも苗のほうが簡単みたいですね。引越し先が決まったら、どこかのホームセンターで種を買ってみよーっと☆


最後に

今回まとめたハーブの全てが室内で簡単に栽培できるわけではなさそうですが、ベランダでは栽培できそうですね。

季節や時期、種の植え方や土の種類など、実際にハーブを栽培し始めたら、またブログに追記しますね。

最初は「ハーブ栽培キット」を利用してみても良いかも。